システムと言う言葉は、様々な分野で使用されていますが、ここでは、IT分野で使用されているシステムとは何かお伝えしますか。

システムとは何か
システムとは何か

システムとは何か

簡単にシステムの事を説明すると、影響しあうたくさんの要素のまとまりや仕組みをシステムと言います。
この様な意味から、様々な分野で使用されており、主に、体系、制度、方式、機構、組織等で使用される事が多い様です。
そして、自信がシステムとなっており、さらに、別のシステムの一部となっている場合は、サブシステムと言っています。
IT分野では、多くの場面で使用されています。
主な場面としては、コンピュータシステム、情報システム、ネットワークシステム等でコンピュータに関わる、ハードウェア、ソフトウェアそのものをシステムと言う場合もあります。
この様にIT分野では様々なシステムお組み合わせを行ってコンピュータが動作しているのです。
どの様なシステムでも、同じレベルの要素が組み合わさったり、異なるレベルの要素が縦に連携するなどして、構成されていますが、その全体の部分毎に名称があるので、システムの種類は多種多様となり多くの名称が存在します。
IT分野では、コンピュータを動作させるものをコンピュータシステムとか情報システム等と言っており、この2つの違いは、コンピュータシステムは、データの入力、内部で行う基本的な計算、その結果を出力すると言った基本的な動作を言い、情報システムは、入力されたデータを加工して、サーバ等のデータベースに蓄積して、サーバに蓄積されたデータを閲覧、検索したり、分析や集計を行って、わかりやすい形で出力する事を指しています。
具体的な例としては、コンピュータシステムはOS等があり、情報システムには、給料計算、入室管理等があります。
最近は、インターネットの普及している事からパソコン等のコンピュータ以外にも、タブレット端末や携帯電話でも様々なシステムが必要となっており、企業も、給料計算や、入室管理業務以外でも、様々な業務がシステム化されており必要不可欠なものとなっています。
この様に、新規システムや既存システムのナメンテナンスの需要が多い事からIT業界では、慢性的なシステム開発技術者の不足となっているようです。

関連記事・情報

Copyright (C)2018システムとは何か.All rights reserved.