大事なデータやシステムが保存されているディスクは、いつかは壊れるものなのでバックアップは重要です。

システムとは何か
システムとは何か

バックアップの重要性

物は、何時かは壊れるものなので、誰でも大切なものは、戸棚や金庫と言った、信頼のおけるしっかりと管理できる場所に保存するものです。
コンピュータの場合は、システムやデータは、HDDに保存されます。
しかし、HDDは残念な事に、永久に壊れないと言った保証はなく、壊れる事があります。
HDDが壊れる理由は様々ですが、寿命で壊れてしまったり、コンピュータに何らかの衝撃が加えられ、壊れる場合があります。
HDDが壊れると、システムを稼働できなくなったり、サーバのデータを処理できなくなって、大きな問題になる事があります。
特に、最近では、企業の業務はほとんどがコンピュータシステム化されており、業務が停滞する事が考えられます。
そして、ネットワークで使用されているHDDが壊れると、お客様にも迷惑をかける事になるので、HDDが壊れても、業務に支障がでないようにシステムやデータのバックアップをとり、壊れた時にすぐに復旧できるような体制が必要となります。
バックアップの方法としては、様々な方法があり、システムがこの様な業務で使用されているかによって、バックアップ方法を変える事が大切となります。
例えば、サーバがネットワーク等で接続され、常にデータが更新されている様な業務で使用しているのであれば、HDDを2つ準備して、1つうぃバックアプとして使用し、1つが壊れた時に、すぐにバックアップ様に切り変える様なバックアップ方法や、緊急性が少ない業務であれば、外部のディスク等にバックアップをとり、壊れた時にディスクから再インストールして修復する方法があります。
この場合、全てのシステムやデータを保存する事は難しいと思われるのでディスクにどのシステムやデータを保存するかしっかり決める事が大事となります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017システムとは何か.All rights reserved.