パソコン等を操作していて、急に動作しなくなったりデータが読めなくなると、慌てるものですが、自分でも修復できる事があるので、その方法をお伝えします。

システムとは何か
システムとは何か

自分でできる復旧

パソコン初心者の方は、操作をしている時に、いきなり、システムが動作しなくなったり、保存していたファイルやフォルダがみつからなくなったり、間違ってファイルを削除して、どの様にして修復してよいか判らなくなって慌てる事がありますが、システムやデータの修復は自分でもできる場合があるので、慌てずに太守する事が大事となります。
システムが動作しなくなる原因は、動作しているコンピュータの環境やシフトによって異なり、対応方法も異なってきますが、動作しなくなった時の復旧としては、コンピュータの電源をきるかリセットボタンを押す事です。
電源を切ったり、リセットする事は、開いていたファイルのデータが消えてしまいますが、保存しないでファイルを閉じた場合、復旧する機能を持ったツールもあるので、データを処理する場合は、修復機能を持ったツールを使用するとよいです。
ファイルやフォルダーが消えた場合は、まず、最初に、ごみ箱に消えたファイルやフォルダーがあるか確認します。
ごみ箱に無い場合は、何処なのフォルダーに見意識のうちに移動させた事も考えられるので、HDDの全ファイル検索機能を使用して検索します。
この二つの事を行なっても、ファイルやフォルダーを修復できない場合は、HDDが壊れたと考える事です。
HDDが壊れたといっても、諦める筆はなく、表面にでは出てこなくても、実際にデータはHDDに存在しているので、メーカーやデータサルベージ業者に修復依頼をすると復元する事ができます。
但し、これらのサービスは有料となるので注意が必要です。

関連記事・情報

Copyright (C)2017システムとは何か.All rights reserved.