HDDの仕組みを知っていると、ファイルを自分で修復する事も可能となるので、ここでHDDに関する情報をお伝えしましょうか。

システムとは何か
システムとは何か

HDDの仕組

パソコン等でデータを作成したり変更する場合は、必ずファイルに対して行われます。
そして、保存されたファイルがどのフォルダーにあるか知るために、HDDはインデックスを持っています。
インデックスは本の目次の様なイメージと考える事ができ、インデックスの中区は、保存したファイル名とファイルはHDDのどのクラスタにあるかの位置情報をもっているシステムとなっています。
また、一つのファイルのサイズが大きくなると、一つのクラスタには格納できなくなる場合があり、この場合は、複数のクラスタにデータを分散して格納する事になります。
そして、分散して格納した情報もインデックスは管理します。
この様に、HDDはインデックスとクラスタから構成されているシステムです。
さらに、インデックスは、ファイルの情報としてファイルが削除されているかにか否かの情報も持っており、ファイルが削除された場合は、実際にインデックスやクラスタからデータを消すのではなく、インデックスのファイル情報に削除されたと言う情報を加えるだけなのです。
パソコン等を操作している時に、誤ってファイルを削除したり、何等かの原因でファイルを読めなくなる事がありますが、この場合でも、データを修復できる事もあるので、慌てずに対応する事が大事となります。
HDDの障害としては、物理的障害と論理的障害があり、論理的な障害とは、HDDのインデックス等が壊れ場合を指し、物理的障害は、HDDが何等かの原因で傷ついたりして読めなくなる事です。
物理的障害であっても、慌てる事はなく、傷ついいた部分のファイルを修復する事はできないのですが、傷ついていない部分のファイルは修復できる事があるので、修理を依頼する時に状況を説明してできるだけ修復してもらうとよいです。

関連記事・情報

Copyright (C)2017システムとは何か.All rights reserved.