最近は、誰でもネットワークを活用していますが、以外にネットワークの仕組みを知らないで使用している方が多いようです。ここでネットワークとはどの様なものなのか基本的な事を紹介

システムとは何か
システムとは何か

サーバとクライアント

最近のシステムはネットワーク上で稼動するものが多くなっています。
この様なシステムは、サーバとクライアントから構成されています。
サーバとは、クライアントに対して、サーバが持っている機能やデータ等を提供するコンピュータの事を指しています。
クライアントはサーバに対してアクセスを行い、データを格納したり、検索してデータを取り込むことができるコンピュータの事を指します。
サーバ、クライアントのシステムが多く利用される理由としては、大量のデータを共有する事ができます。
また、サーバをインターネットからアクセスできるようにすると、どこらでも必要なデータを取り出せたり、格納する事ができます。
サーバ、クライアントを用いた代表的なソフトウェアとしては、グループウェア等があります。
グループウェアの機能としては、メール、WEB会議、スケジュール管理、掲示板等の機能があるので、多くの企業がグループウェアを導入しています。
この様に、サーバ、クライアントシステムは企業に欠かせないシステムとなっており、サーバの管理をしっかり行なわないと大きな問題となる場合があります。
問題とは、サーバが何等かの障害で稼動しなくなったり、データが壊れた場合、企業の業務が遂行できなくなり、多くの部門に影響を与える事があります。
特に、銀行やネットショップ等ではリアルタイムに処理する事が必要で、仮に、サーバが動作しなくなると、銀行の業務が停止して社会問題まで発展する事が考えられるのです。
この事から、サーバ、クライアントシステムを導入する場合は、バックアップと修復をどの様にするか、しっかり決める事が大事となります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017システムとは何か.All rights reserved.