コンピュータのソフトハードとも常に進化しており、データの保存も進化しているので、最新のデータ保存についての情報を集めてみました。

システムとは何か
システムとは何か

NASとRAIの関連情報

コンピュータが動作するには、ハードウェアとソフトウェアが必要ですが、この2つのシステムは常に進化しています。
また、ネットワークはシステムを運輸する上で必要不可欠なものとなっており、この為、コンピュータシステムも常に進化しています。
最近話題となっている事は、以前のデータ保存方法としては、サーバ等のHDDに保存していましたが最近では、NASに保存するシステムが多くなっています。
NASとはネットワークアタッチトストレージの事で簡単に言えば、ネットワークに直接、外部記憶装置(ストレージ)が接続されており、パソコン等のコンピュータからネットワークを介してデータを保存したり読み込みを行う方法です。
活用方法としては、企業や一般家庭のLANで共有ファイル等の保存に活用したりデータ量が多い、HDDレコーダーやBlu-rayレコーダーの動画の保存先として活用している方もいるようです。
この活用から見てもわかるように、これは、レンタルサーバーと考えた方がよいシステムと言えます。
NASはコンピュータ本体にHDDやSSD等の記憶装置と、OS、ネットワークインターフェース、管理用ソフトがあるファイルサーバ専用機となっています。
NASはデータ量が多くなる事から、複数の記憶装置を備えている事もあり、複数の記憶装置はRAID機能等で管理されています。
RAIDとは、データを分散して記憶するシステムで、高速化や耐障害性の向上が図られているシステムとなっています。
RAIDは、0から6まで7つの分散方法がありますが、レベルが高い方が性能は良いと言うものではないので、運用するシステムの状況を見極め組み合わせて使用する事が大事となります。

関連記事・情報

Copyright (C)2017システムとは何か.All rights reserved.